地方在住IT系ニート

Hioke

Raspberry_Piのメモ

Table of Contents

OS

Raspberry Pi 4では64bit OSに対応しています。ですが、Raspberry PiのソフトからOSを入れる場合32bitのOSがインストールされます。

今回はソフトを使わずに64bitのRaspberry Pi OSをインストールします。

インストール

  1. イメージをこちらからダウンロード

raspios_arm64

  1. USB Image Toolを使ってSDカードにダウンロードしたイメージファイルをインストール

usb_image_tool

  1. Rapberry PiにSDカードをセットして起動するとOSのインストールが開始

インターネット接続

PPPoEを使って直接IPv4接続をしています。 これにより、Raspberry Piだけを分けてネットワークを管理しています。

サービス

Raspberry Piで動かしているサービスは下記のとおりです。

Wi-Fiのアクセスポイント

Wi-FI APを使ってWi-Fi接続を可能にしています。

Webサーバ

Apache HTTP Serverを使ってWebサーバを動作させています。

ファイルサーバ

Sambaを使ってプライベートなファイルサーバを動作させています。

プロキシサーバ

Squidを使って透過型のプロキシサーバを動作させています。 下記のサービスを用いて、透過型プロキシを通したWi-Fiを作成しました。

  • dnsmasq
    • DHCPの機能を提供
    • DNSの機能を提供
  • dhcpcd
    • IPアドレスの固定
  • hostapd
    • Wi-Fiのアクセスポイント
  • squid
    • プロキシサーバとして動作
  • iptables
    • アクセスポイントからのデータをプロキシサーバに転送
    • ファイアウォールとしての動作

データベース

MariaDBを使ってWebアプリケーションのDBを動作させています。

Homebridge

Homebridgeを使って部屋の温度・湿度を測っています。 また、ホームライトのリモコンにもしています。

VPNサーバ

Wireguardを使って自宅VPNを設置しています。 これにより外部から安全に自宅サーバにアクセスできるようにしています。

VPN接続に使用するホストには、No-IPで取得したドメインを使用しています。 これにより、IPアドレスの変更に対応します。

RDPサーバ

XRDPを使ってリモートデスクトップ接続を可能にしています。 GUIを使ったアクセスもこれにより可能になっています。

DLNAサーバ

MiniDLNAを使ってDLNAサーバを立てています。 iPhoneからローカルメディアに接続可能になっています。

DBマネジメントツール

OmniDBを使用してDBの管理をしています。

Raspberry Piのアイデア

温度計・湿度計(作成済み)

自宅に室温・湿度を測るためのものがなかったので、自作することにしました。

温度計・湿度計を作るためには、以下のようなセンサーが必要になります。

  • 温度センサ
  • 湿度センサ

今回使用したセンサはDHT11です。 これ1つで温度・湿度を計測でき、低コストなので用いました。 ただ、精度の面ですこしオススメしにくいです。 値段はあがりますが、精度を気にされる場合は、AM2302のような上位互換のものをオススメします!!

赤外線リモコン

こちら作成した際のメモです。

朝決まった時間に電気を付けることでより目覚めを良くしたいと思い、リモコンを作成しました。

赤外線リモコンを作るためには以下のものが必要になります。

受信モジュールは、普段から使っている赤外線リモコンが出す命令を記録するために、用います。 そして、記録した命令を赤外線LEDから出力することで電気をつけたり、テレビをつけたりできます。

電気目覚まし

赤外線リモコンとLinuxのcronを使用することで電気目覚ましを作成しました。
cronで指定した時間にリモコンを動作させることで朝電気をつけることができます。 これで朝もしっかり起きれるようになりました!

監視カメラ

これから作る予定です。

ドアロック

これから作る予定です。

その他

これからのためにアイデアを出していきたいと思っています。 なにかいいアイデアがあれば、お知らせください!!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ