地方在住IT系ニート

Hioke

OmniDBのインストールと使用方法のメモ

Table of Contents

OmniDBとは

ブラウザ上から複数のデータベースを管理できるアプリケーションです。 対応しているデータベースは以下のものがあります。

  • PostgresSQL
  • Oracle
  • MySQL
  • OmniDB

私の環境では、MySQLMariaDBの管理に使用しています。

OmniDBのダウンロード

OmniDBのリリースページから環境にあったインストールパッケージをダウンロードしてください。
今回はCentOS7で動作させるため、下記のコマンドでダウンロードします。

# ネットワークインターフェースを有効化
nmtui

# opensshとwgetをインストール
sudo yum install openssh wget

# パッケージをダウンロード
wget https://github.com/OmniDB/OmniDB/releases/download/3.0.3b/omnidb-server-3.0.3b_linux_x86_64.rpm

# インストール
sudo yum install omnidb-server-3.0.3b_linux_x86_64.rpm

# 起動
omnidb-server

OmniDBのユーザを登録

# スーパーユーザの作成
omnidb-server -s {user} {password}

# 一般ユーザの作成
omnidb-server -u {user} {password}

起動

omnidb-server

or

omnidb-server -H {ip address} -p {port}

アクセス

ブラウザからOmniDBが動作しているIPアドレスとポートを指定してアクセスします。 もしアクセスできない場合は、ファイアウォールが効いている可能性があります。 止め方は下記のコマンドです。

sudo systemctl stop firewalld
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ